ふるさとと文学

 

 財政基盤確立のための新入会員獲得、事業収益の拡大を目的とした地方開催文学イベント。日本ペンクラブ創立80周年を記念し、2015年4月に初代会長島崎藤村ゆかりの地、長野県小諸市で第1回を開催。地域と作家・作品の結びつきに着目し、文学の振興のみならず、とりわけ若い世代への知的刺激となって、地域社会の魅力に気づき、元気づけ、活性化する力になることを期待し、実施している。

第1回「島崎藤村の小諸」2015年4月18日
第2回「石川達三の秋田」2016年10月29日
第3回「川端康成の伊豆」2017年10月8日
第4回「菊池寛の高松」2018年11月10日
第5回「立原道造の浅間山麓」2019年10月27日
第6回「北條民雄と多磨全生園」2020年12月19日
第7回「有吉佐和子の和歌山」2021年11月3日

《ふるさとと文学》実行チーム

チーム長 山田健太
実行チーム 相澤与剛、小林茂、進藤晶子、菊池夏樹、郡司聡、佐久間文子、佐藤アヤ子、高島恒雄、滝田誠一郎、茶木環、徳永真、ドリアン助川、飛田紀久子、野上暁、林康史、藤原勇彦、別府秀喜、三科清一郎、矢崎潤子、山本源一、吉岡忍、吉澤一成